2100年01月01日

競売の基礎知識

競売あるいは競り、オークション(auction)とは、販売目的で何らかの場に出された物品を、最も良い購入条件を提示した買い手(入札希望者)に売却するために、各々の買い手が提示できる購入条件を競わせる事である。

一般的には物品に支払われる対価を購入希望者間でという競う形で行われるが、それ以外にも様々な条件が売り手側から提示される場合もあり、条件競売という形態では、提示された条件を満たす事で売り買いが成立する。対価を競う場合では、入札する買い手側が価格を釣り上げながら、最終的に最も高い価格を提示した買い手に販売される(落札)販売方式である。この場合、買い手が満足さえすれば実質的に商品価格は青天井(上限が無い)ので、ややマナー違反では在るがいきなり最初から非常識な買値を提示して落札する事も可能である。

これは極めて古くからある商取引方法(売値が明確に決まっていない物を、購入者がその価値を決めていく)であるため、特に売り手と買い手の都合で価格が変動する物や、貴重な物品の販売形態として広く普及しており、また各々の関連業界の歴史も古い。

従来から、次のようなものが競売(競り)方式で取引が行われている。

生鮮食品の卸売市場(中央卸売市場など)での仕入業者による仲立ち
家畜(馬、牛など)の競り(セール)市場→セリ市 (競馬)など
花の苗など「花き」の競り(セール)市場
クリスティーズやサザビーズなど、外国(ほとんどが欧米)の美術作品競売専門業者による美術品や骨董品などの競売
裁判所などが執行する差押さえの土地・建物の売却(不動産競売・公売)
これらでは通信技術の発達に伴い、実際のオークションへの入札に際しては、郵便・電子メールによる参加や代理人を立てて電話・FAX等によって指示するような場合も見られる。

Reference from Wikipedia


posted by Rakos at 00:00| 競売 不動産:競売の基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

民事執行法

民事執行法とは、強制執行、担保権の実行としての競売、換価のための競売、債務者の財産開示に関する手続について規定した日本の法律である。

民事執行法が制定される前は、いわゆる旧民事訴訟法(明治23年法律第29号)の強制執行編に私法上の権利を強制的に実現させるための手続(強制執行手続)に関する規定が盛り込まれていたところ、旧民事訴訟法の制定以来、強制執行に関する法制度は抜本的な改正がされていない状態であり、手続上の様々な不備が露見していた。

また、強制執行手続とは別に、民法や商法の規定により競売を要する場合につき、その手続を規定した法律として競売法(明治31年法律第15号)が存在していた。この法律は民法や商法の附属法として立法されたこともあり、規定の不備が目立つものであった。この点に関しては、競売法に規定する手続はその性質に反しない限り旧民事訴訟法中の強制執行に関する規定が準用されるという判例が出て、その判断に基づき競売法の手続が運用されていたものの、不備があること自体は否めないものであった。

このような事情から、強制執行手続や担保権実行の手続を抜本的に改める目的で本法が制定され、旧民事訴訟法の強制執行編に定める手続と競売法に定める手続が統合された。

その後、バブル崩壊に伴う不良債権回収を迅速に進めたり、いわゆる競売妨害に対処したりするための手続の整備、扶養請求権に基づく債権執行手続の改善、債務者の財産開示手続に関する手続を整備するための法改正等が行われている。

[編集] 担保権の実行としての競売
民法・商法が規定する担保物権である抵当権、先取特権、質権に基づき、担保物権の目的となる財産を強制的に換価することにより被担保債権の満足を図るための手続である(なお、留置権に基づく競売は、後述の換価のための競売として扱われる)。

比較法的には、このような手続の場合にも債務名義を必要とする立法例がある。しかし、日本の場合、前述の競売法が債務名義を要求していなかった沿革もあり、担保権の実行には債務名義は必要とはされていない。もっとも、担保権の種類や換価の対象となる財産の種類に応じて、担保権の存在を証明する方法に関する規定が整備されている。例えば、不動産に設定された抵当権に基づき担保権の実行を申し立てる場合は、担保権の登記がされている不動産登記簿謄本又は登記事項証明書などの提出が要求される。

実際の手続は、財産の換価という点では強制執行手続と変わらないため、強制執行に関する規定のほとんどの規定が準用されている。

担保不動産競売
担保不動産収益執行
船舶の競売
動産競売
債権及びその他の財産権についての担保権の実行

換価のための競売(形式競売)
民法や商法等の規定に基づく、請求権の実現を目的とせず、財産の換価それ自体を主たる目的とする手続である。例として、共有物分割のための競売、遺産分割のための競売などがある。形式的競売ともいう。

法律上、担保権の実行としての競売の例によるとされているが、担保権の実行としての競売に関する規定も強制執行に関する規定のほとんどが準用される結果、手続の進行の基本は強制執行と変わらない。しかし、もっぱら換価を目的とする手続であることに基づく変容がある。


財産開示手続
財産開示手続は、強制執行の実効性を確保するために、債務者の財産を把握するための方法として2003年の法改正により新設された手続(施行は2004年から)である。

どの財産を強制執行の対象とするかはそもそも債権者が決めることであるが、債務者が執行の対象となりうる財産を持っているか、それがどこにあるかを債権者が把握することは困難な場合がある。そのため、債務者の財産に関する情報を得るために新設されたものである。


Reference from Wikipedia





posted by Rakos at 23:31| 競売 不動産:民事執行法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不動産競売

不動産競売とは、民事執行法に基づき、債権回収のために、債権者が裁判所に対して申立を行うと、その不動産を裁判所が売却する手続きである。大きく分けて強制競売と担保不動産競売がある。

強制競売
債権者が、公正証書・判決等の債務名義に基づき、債務者又は保証人の所有する不動産に対して当該不動産を管轄する地方裁判所に対して強制競売を申し立てることができる。地方裁判所では強制競売の申立を受理すると、「平成00年(ヌ)第00号」事件として強制競売を進める。

一括売却
相互の利用上不動産を他の不動産(差押債権者・債務者が異なる場合を含む)と一括して同一の買受人に買い受けさせることが相当であると認める時は、これらの不動産を一括売却できる(民事執行法61条)。ただし、超過売却の時は債務者の同意がある時に限られる(民事執行法61条但し書き)。

超過売却
1個の申立てにより強制競売の開始決定された数個の不動産の一部の買受可能価額で各債権者の債権及び執行費用の全部を弁済することができる見込みがある場合は、債務者の同意がある時に限られる(民事執行法61条但し書き)。

数個の不動産を売却実施(入札など)した場合において、一部の買受申し出の額で各債権者の債権及び執行費用の全部を弁済することができる見込みがある場合は、執行裁判所は他の不動産の売却許可を留保しなければならない。この場合あらかじめ、債務者の意見を聴かなければならない(民事執行法73条)。

競売の場合、土地・建物(法定地上権付)の競売であっても超過競売になると法定地上権付の建物だけ競売で売却されることとなる(民事執行法73条)。もちろん債務者(所有者)の同意があれば一括で売却されるが、本来、不動産を購入したい人は、土地付きの建物を求めるのが普通であり、この売り方ではなかなか売却されず、その結果、競売価格が下がり、競売申立債権者を害することがよくあり、所有者にも大きな損害を与える結果(本来なら余剰があり、配当されるべきものが、配当されなくなるなど)となる。


Reference from Wikipedia


posted by Rakos at 23:14| 競売 不動産:不動産競売 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネットオークション

インターネットオークションとは、インターネットなどの通信媒体を利用した競売(オークション)であり、ネットオークションと略称されることもある。

1990年代以降、インターネットなどの通信媒体を利用したネットオークションサイトが登場し、一般の人でも手軽に出品や入札ができるようになった。日本ではYahoo! オークション(1999年9月サービス開始)が国内最大手として有名で、他にも楽天やビッダーズなど、検索サイトやオンラインショッピングサイトが独自のサービスを展開、利用者を集めている。近年ではKDDIがauオークションを提供し、NTTドコモもオークション事業に進出するなど、携帯電話によるオークションも活発化している。

なお、ネットオークションサイト世界最大手のeBay(イーベイ)も2001年に日本へ進出したものの、日本では先行していたYahoo!に太刀打ちできず、2002年3月限りで撤退した。ちなみにYahoo!の場合、2000年代初頭に於いて毎日のべ700万件以上の物品が出展されているといわれる。現状ではYahoo!オークションが圧倒的に有名であり、かつ利用者も多い。出品手数料が3%から5%に引き上げられたがそれでも尚、利用者は大幅に減らずに取引が続けられている。この理由としてYahoo!オークションの知名度が高く、出品者、利用者双方とも集まりやすいためといわれている。

また、オークションサイトのシステム上で、出展者が落札者を・落札者が出展者を相互に評価できるシステムがあり、これによって落札者と出展者が、双方信頼しあった上で売り買いする事ができるよう配慮されている。

1999年から不動産オークションが解禁され、近年の不動産投資ブームとあわせて注目されており、今後さらなるオークション市場の広がりが予想される。


ネットオークションは数々の問題点をはらんでいるが、どれも抜本的な対策はなされていない。


詐欺・違法出品
出品者の本人確認が不十分なオークションサイトも多々あり、実際に販売する商品が存在しない・提供する意思すらないにもかかわらず商品を提示して、先払いなどで振り込ませた代金を騙し取る詐欺行為(→オークション詐欺)や、以下のような違法な商品が出品されるケースも見られる。

特に、違法な商品を出品する際、実物の名称をそのまま出すと即座に通報されて逮捕=有罪となるため、一般に聞き慣れない隠語や符丁などの暗号を用い、別の商品に見せかけるケースが後を絶たない。

コピーソフトや海賊版のビデオ・DVDなどで(企業の)著作権を侵害するもの個人の著作権を侵害するものについてはほとんど問題にされない。

偽ブランド品やコピー商品などで商標権を侵害するもの(偽物であることを明示した場合であっても同罪となる)
特に悪質なケースでは、偽物だと明示せず本物の画像を提示するケースも報じられる。偽物の商品を本物だと偽れば詐欺罪にも問われる。さらに、偽物だと認識して購入すれば、購入者は幇助罪に問われる。

偽造金券類で有価証券偽造罪に該当するもの
非合法なチケット転売
盗品または盗品の疑いがあるもの(盗品ではない、という事実を証明できないもの)で、盗品等関与罪に該当するもの
麻薬、覚せい剤、シンナー、トルエンなどの違法な薬物全般(市販されている医薬品の出品も禁止されている)
拳銃、ライフル、散弾銃や日本刀などの銃砲刀剣類=銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)に違反するもの
無修正の裏ビデオや児童ポルノなどの猥褻物(使用済み下着、制服などの出品も禁止されている)
また自転車操業で、客から代金振込みを待って商品仕入れする業者も見られ、このようなケースでは業者が破綻した際に、先に振り込んだ代金が業者の持つ負債により、業者ごと「消える」という事態も発生している。

最近ではオークションサイトを運営する企業側の管理責任も社会的に取りざたされはじめ、Yahoo!オークションにてプレミアムショップとして登録された業者を利用し詐欺に遭った被害者573人がヤフーにも管理責任があるとして、約1億円の損害賠償を求める訴えを名古屋地方裁判所に起こしている。

2006年12月には、Yahoo!オークションストアに登録していた「家電ドットコム株式会社」が落札金額を受け取っておきながら商品を発送しないという被害が急増。落札件数は1,713件、落札総額は約1億9,440万円に達するとしている。そのうち、被害を受けたのは989件、被害総額は約8,786万円としている。Yahoo!側は被害に対して補填すると説明した。

オークションサイトの相互評価システムを悪用したケースも見られ、悪質な出展者が複数取得した自分の・またはフィッシング詐欺等で盗んだアカウント(利用権)を使って、あたかも優良な出展者であるかのように自己評価を上げたりした事例では、数多くの優良な取引実績のある出展者だと誤認、騙されるケースも出ている。なお、このようなケースでは、評価が書き込まれている時間が不自然な時間帯(平日の昼間など)に集中している・評価内容の文章や評価者の自己紹介プロフィールに不自然な点が見られる等の特徴も見られる。

警察としてもこれら詐欺行為に対し捜査はしているものの、詐欺者が今まで取引されたオークション全てを調査しなければならず、多量の時間を掛けなければならない為に、警察でもほとんど立件出来ないのが現実で、被害者も泣き寝入り状態であり、早急な法改正や本人確認の強化が必要だといわれている。

なお、不動産や中古車のような高額かつ購入後に公機関への諸手続き(登記、ナンバープレートの登録など)が必要な商品のネットオークションでの購入については、出品者の対応以外にも、できれば現地に出向いて実物をチェックするなど慎重に進める方が良い。

ちなみに盗品が出品されているのに気付いた被害者が、オークションサイトの管理側に訴え出たにも拘らず管理側の対応が遅く、結局として盗品を出品した人物に逃げられてしまうとのケースも発生している。当初はそういった違法行為向けの対策が全くなされていなかったが、現在Yahoo!オークションでは知的財産権保護プログラムを導入している(参考リンク)。ただ、これらの対応も被害者が届け出て初めて判明するケースも多く、相当数の盗品・不正流通品などが出回っている可能性もある。


Reference from Wikipedia



競売の日本での認知

日本では「ハンマープライス(1990年代中後半)」というテレビ番組で、タレントや著名人に縁の商品(中古品など)を購入または譲り受け一般の参加者を募り競売、そこでの売上金を全てチャリティーとして寄付するという内容を放送した。同番組により、今まで一般には馴染みが薄かったオークションという名前が一般に知られたとされる。

ただ一般的日本人の多くは、このような販売形態に慣れず、同番組に参加した熱心なマニア(またはアイドルオタク)の中には勝者の呪い(後述)により予想外の負債を抱える、問題のある参加者も見られた。これはネットオークションの普及した2000年代より、度々の落札取り消しをする出品者と落札者とのトラブル(その多くは「落札者のマイナス評価」という形であらわれる)を招く事態となっている。


Reference from Wikipedia


posted by Rakos at 23:09| 競売 不動産:競売の日本での認知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競売の行方

1980年代末のバブル期においては、豊富な資金を元手に日本人資産家や日本企業が海外の有名オークションで、バブルマネーを駆使しアート市場で巨額美術品を買い漁った。世界の美術市場から逸脱する高額な買値を提示、他国のバイヤーから「(日本人は)美術品の値段を極端に釣り上げ過ぎる」と批判されることも多かった。この時期に買われた名画や美術品はバブル経済崩壊後も売却できず、事実上の不良資産として企業などに死蔵される結果となり、最悪の場合は銀行の担保となっている作品もある。この場合、銀行資産であり非公開の為、名画を目にすることは事実上不可能で、世界的にみて貴重な文化遺産の死蔵であるともいえる。後の平成不況では様々なルートでこれらの絵画が散逸、名画の海外流出をさせる結果となった。

バブル期に日本人資産家が購入した巨額美術品の代表といえる絵画作品は、ゴッホの『医師ガシェの肖像』である。1990年、オークション至上最高価格の約125億円で購入したが、絵画は非公開のままで購入者の死後は、銀行の担保になった。2002年の秋に、購入者の遺族が負債処分目的でサザビーズを通じて数年前に売却していたことがわかったが、現在では絵画の所有者も場所も特定できていない。ピカソの名画で大作、『ピエレットの婚礼』など多くの数十億円単位の価格で購入した作品もよく似た境遇にある。


Reference from Wikipedia


posted by Rakos at 23:07| 競売 不動産:競売の行方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

競売の種類

シングルオークション
シングルオークションとは売り手または買い手の一方のみが価格を提示するオークションであり、美術品や生鮮食品の市場取引などに用いられる。


公開入札方式
公開の場所で行われる競り売りであり、入札者(買い手)は相互に提示価格を知ることができる。

イングリッシュ・オークション(English auction)
通常のオークションである。入札する買い手側が価格を釣り上げながら、最終的に最も高い価格を提示した買い手に販売(落札)される方式である(厳密には以下に述べるファーストプライスとセカンドプライスに分かれる)。

ファーストプライス・オークション(First-price auction)
最終的に最も高い価格を入札した買い手に販売され、支払額も最も高い価格に設定される。一般的な形態。

セカンドプライス・オークション(Second-price auction)
最終的に最も高い価格を入札した買い手に販売されるが、支払額は2番目に最も高い価格(競合者の最高提示価格。競合者がない場合には売り手側の提示した最低金額)に設定される。ゲーム理論の議論を用いれば、全員が自分の評価額をそのまま入札することが証明でき、最も望ましい方式ということもできる。Yahoo!オークションなどがこの方式を採用している。

ダッチ・オークション(Dutch auction)
通常のオークションとは逆に、価格が順番に下がっていく。売り手が設定する最高価格から順番に価格を下げていき、買い手は適当なところで入札し、その時点の価格で落札が行われる。取引のスピードが高速化できるので、様々な市場で採用されている。また、バナナの叩き売りもこの一種である。

封印入札方式
入札者(買い手)が相互に提示価格を知ることができない競売である。裁判所の不動産競売は通常この方式で行われる。封印入札方式にも第一価格入札と第二価格入札がある。後者はen:Vickrey auctionとも呼ばれる。


逆オークション
リバースオークション(逆オークション)(reverse auction)とは、売り手と買い手の立場が逆になっているオークションであり、政府や地方公共団体の調達や工事などで採用される競争入札が代表例である。


ダブルオークション
ダブルオークションとは売り手と買い手の双方が価格を提示するオークションであり、同種同質の物を多数取引する場合に適するため、証券市場などで用いられる。

連続ダブルオークション(Continuous double auction)
売り手と買い手の提示価格が合致すると、当該価格で直ちに取引が成立する方式である。東証などの証券取引所では取引時間中に用いられ、ザラバ方式と呼ばれる。

クリアリングハウス(Clearing house)
売り手と買い手から注文を集めておき、(多くの場合所定の時刻に)需給が一致する価格を求め、当該価格以上の買い注文と当該価格以下の売り注文の間での取引を一斉に成立させる方式である。東証などの証券取引所では取引開始時・取引終了時に用いられ、板寄せ方式と呼ばれる。


Reference from Wikipedia


posted by Rakos at 23:05| 競売 不動産:競売の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。