2007年04月07日

競売の日本での認知

日本では「ハンマープライス(1990年代中後半)」というテレビ番組で、タレントや著名人に縁の商品(中古品など)を購入または譲り受け一般の参加者を募り競売、そこでの売上金を全てチャリティーとして寄付するという内容を放送した。同番組により、今まで一般には馴染みが薄かったオークションという名前が一般に知られたとされる。

ただ一般的日本人の多くは、このような販売形態に慣れず、同番組に参加した熱心なマニア(またはアイドルオタク)の中には勝者の呪い(後述)により予想外の負債を抱える、問題のある参加者も見られた。これはネットオークションの普及した2000年代より、度々の落札取り消しをする出品者と落札者とのトラブル(その多くは「落札者のマイナス評価」という形であらわれる)を招く事態となっている。


Reference from Wikipedia


posted by Rakos at 23:09| 競売 不動産:競売の日本での認知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。